キーボード入力不要の手書き電子カルテ Sparrow | 株式会社ケィトリニティ

スパロウ

リクエストにより誕生した電子カルテSparrow

カタログ

トップページ > 開発コンセプト

開発コンセプト

♦ Sparrowの開発コンセプト

弊社では1999年から、手書き電子カルテの開発を手掛け、Sparrowを完成させました。
Sparrowは、従来の2号書式をそのままの画面に電子ペンで手書きする電子カルテ。
紙カルテの良さにこだわるドクターたちの声とリクエストに応えて生まれました。
ドクターが一番、見つめていたいのは、何より目の前にいる患者様。
人こそが人を治す医療シーンで、心の通うコミュニケーションを支えます。

♦ Sparrowは診療時のコミュニケーションを大切にします

紙カルテは、患者様と話をしながら書ける使いやすさが最大のメリットです。
医療のIT化に応えて電子カルテを導入しても、診療中のキーボード入力は困難を極めたものになります。
ドクターの作業を増やすだけでなく、何よりも大切な患者様とのコミュニケーションを妨げてしまいます。
Sparrowは紙カルテの2号書式フォーマットをそのままに活かした電子カルテ。
今までと同じように患者様と会話しながら、手書きでカルテを作成できるようこだわり開発しました。

♦ Sparrowは現在の診療スタイルを変えません

「電子カルテのキーボード入力に不安を感じる」、「紙カルテを手放すなんて考えられない」、
「今のベストな診療スタイルを変えたくない」、「100名を超える来院数があるのに電子化なんてできない」
現在の診療スタイルを変えたくなドクターの要望にも100%応えられるのが、Sparrowです。

 100%手書き入力を実現

従来の紙カルテとまったく同じ感覚で書き込める100%手書きの電子カルテ。電子ペンを使って、画面に文字や線、絵を自由に書くことができます。その感覚は驚くほどスムーズで、紙とペンの書き心地をしのぐほど快適だから、診療時の入力ストレスとは無縁です。

 使い慣れた2号書式をそのまま再現

医療関係者なら、Sparrowの画面を一目見ただけで、すぐにその使いやすさがイメージできるはずです。なぜなら使い慣れた紙カルテの2号書式そのままのフォーマットを画面デザインに活かしているからです。普段使用している紙カルテを使うように、自由に電子化されたカルテが作成できます。

♦ Sparrowなら医療現場のローコスト化、業務の効率化を図れます

「ドクターだけでなく、他の医療スタッフが使いやすい電子カルテを導入したい」、「コストを抑え合理化を図れる電子カルテが欲しい」、「導入をきっかけに業務の効率化を図りたい」、来院~会計までを1枚のカルテで完結、レセプトコンピューターへ瞬時に連携できるので、医療現場の効率化を飛躍的にアップさせます。

 患者様の来院~会計までを1枚のカルテで一元管理

Sparrowで作成した1枚のカルテで、患者様の来院から会計までを一貫して管理することができます。
電子データだからカルテを持ち運ぶ労力・時間も不要。作業効率を飛躍的にアップさせてくれます。

 診療とレセプトの合理化により、患者様の待ち時間・医療スタッフの負担を軽減

ORCAまたはMedicomのレセプトソフトと連携することができます。
電子カルテシステムとレセプトソフトの連携により、診療が終わったら、瞬時に会計システムへカルテ情報を送ることができます。診療とレセプトの合理化を実現し、患者様の満足度向上、医療スタッフの労力・時間を軽減、業務の効率化を図ることができます。

〒543-0028 大阪市天王寺区小橋町13-10 KMビル5F
[TEL]06-6191-0333 [FAX]06-6191-0332

お問い合わせ

【 導入をご検討の方へ 】

お問合せフォーム
よくあるご質問



【 Sparrowからご紹介 】

リンク集
ブログ

【 運営会社について 】

会社案内
News
サイトマップ
個人情報保護法について
販売代理店募集

Copyright (C) 2013 K.Trinity. All Rights Reserved.